女性のための鍼灸院 すばるのブログ

横浜市港北区大倉山。静かな町の片隅にある鍼灸院です。鍼灸を通して、妊活、美容鍼、更年期などの女性のお悩みに取り組んでいます。

ザ・クロマニヨンズのライブに行ってきました。

先日、星野源のワールドツアーのインタビュー&ドキュメンタリー番組をNHKで見ました。

サブカル側のミュージシャンだと思っていたら、あっという間に売れっ子になって、ワールドツアーも成功させている。

海外のミュージシャンと一緒に演奏したり、曲作ったり、どんどん活動の場を広げて、その才能を発揮していっていますね。

売れていくとそうやってどんどん新しいものにチャレンジしたり、活動の場を広げていくっていうのは、そういう機会も増えるし、いろんな人にも出会うので、自然な流れなんだろうなーと思います。

そういう意味では、スピッツは売れても売れる前からのペースを崩さず、アルバム作って、ライブやって、ゴースカ(ファンクラブ限定ツアー)やって、ロックロック(ライブイベント)やってっていうのを、ずーっと繰り返してます。

周りからは今度あれやってみましょう、次はこんなことしたらどうですか?など、いろんなお誘いがあるんだろうけれども、このスタンスを守り続けているんですね。

紅白にも出ないし。

アリーナもやるけど、基本ツアーはホールなどの小さめ会場を回るし。

そういうスタイルを貫くことが、スピッツというバンドとして大事なんだって、きっと考えているのだと思います。

そんなバンドも珍しいかもね、などと思っていましたが、他にもいました。

それが今回ライブに行った、クロマニヨンズです。 

PUNCH (完全生産限定盤) (特典なし) [Analog]

PUNCH (完全生産限定盤) (特典なし) [Analog]

 

 

クロマニヨンズは2006年に元ブルーハーツ、元ハイロウズ甲本ヒロト真島昌利さんが中心となって結成したバンドです。

時々ドラマの主題歌(最近だと3年A組でしょうか)や、CMで曲が使われたりもしますが、テレビなどの露出は控えめ。

アルバム作ってライブツアーやって、というのを毎年続けています。

毎年全国津々浦々、約50会場を半年ぐらいかけて回り、ツアーに出てない時はレコーディング。

時々フェスに出たり。

すごくシンプルな活動スタイルなんですよね。

ライブもシンプルで、派手な演出もなく、会場をあおったりすることもなく、アルバムの曲順に演奏していきます。

だからこそ純粋に音が、グルーブが楽しい。

ガチファンではないので、知らない曲もあるけれど、いつどのライブに行ってもすごく盛り上がって、あっという間の楽しい時間と空間を過ごせるのが、ほんとに素晴らしいんです。

ガチファンじゃないけど、そういうライブやってるヒロトマーシーを年に一回くらい見れるの、ほんとにうれしいなと思います。

ちょうど今日は真島さんのバースデーなんですが、1962年生まれなんで58歳に。

でもライブで、ブルーハーツの時からの黄色いレスポールのギター弾いてた彼は、少年のようでした。

やりたいことを続けられる人は少ないかもしれないけど、そうやって年を重ねてきてる人も確かにいる。

過去じゃなく、今そこにいるっていうのが、たまらないですね。

今を共有できる。

それが、ライブなんだなーと、改めて思いました。

ライブとか慣れてないと、気後れするとか、いつか機会があったらって思いがちですが、行けるときに行っておくのがいいよね、と思う次第です。

 ライブにでしか味わえない、一期一会の楽しさっていうのも、あると思うのです。

subaruhari9.hatenablog.com

愚痴ってもよいのです

治療中、患者さんとお話しすることがよくあります。

最近の出来事などが多いのですが、帰り際に「今日は愚痴を言ってしまってすみません」と謝られる方もいらっしゃいます。

自己嫌悪の感情もあるのだとは思いますが、こちらとしては愚痴でもなんでも話していただいて、まったく問題ありません。

もやもやしていることがあれば、ここに置いていってくださいとお伝えしたいくらいです。

 

愚痴をいうことは、世間的にはあまりよいこととはされていません。

なんの解決にもならないし、聞かされる側はネガティブな感情を浴び続けなくてはならない。

アドバイスなんかしても、「でもでもだって」で返されては言わなきゃよかったと後悔すら覚える。

確かに、近しい間柄ではつらいかもしれません。

でも、感情をためこんでしまったままでは、いずれ心身に影響が出ます。

どこかで、吐き出した方がよいのです。

となれば、第三者的立場であるここでお話しするのがよい選択ではないでしょうか。

 

東洋医学では、肺虚の人は愚痴っぽくなります。

もっとざっくりだと、虚証の人は愚痴が多く、実証の人は寡黙な傾向にあるといわれます。

鍼灸院にいらっしゃるということはだいたい虚証になっているので、愚痴が出るのはむしろ普通と言えるかもしれません。

実証、つまり肝実の人は瘀血という滞りがあり、気血の巡りがよくないために自ら発することが少なくなります。

肝実ということは脾虚になっており、脾虚の五神は「意智」なので、虚すと思い悩むようになります。

思い悩み、それを発することができないとなると、うつっぽくなってしまいます。

寒証(冷えが強い)の場合も、発する力が弱くなるのでうつっぽくなります。

気持ちをため込むということは、自らの心を攻撃してしまうことになるのです。

 

話すことで気も動きますし、気づきも生まれます。

このことばかり話すということは、ああ言われて実は結構傷ついていたんだな、とか、こういうところが自分は気になって消化しきれないんだなとか、半ば無意識の愚痴の中に発見があったりします。

 

ものごとを解決する方法は、その手段を見つけることだけではないと思います。

最短距離だけ行こうとしなくても、いずれたどり着けばよいのではないでしょうか。

ぶつぶつ言いながら、だらだら進んで行くのもまたよし、です。

 

subaruhari9.hatenablog.com

 

 

マスク売り切れでも慌てないで

毎日、新型コロナウイルスの報道がたくさん流れています。

死者や感染者の人数をみると、怖いな、、と思ってしまいますね。

特に身近な問題としては、マスクが売り切れているということではないでしょうか。

どこも売り切れてしまっていて、買えない状況が続いているようです。

外出の時はマスクつけないと怖い!と感じるのかもしれないですが、マスクをしていれば大丈夫という訳ではありません。

また、せっかくマスクをつけていても無意味になっている場合もあります。

 

マスクの意義

マスクでウイルスの侵入は防げません。

ウイルスは電子顕微鏡レベルの小ささなので、ウイルスの侵入を防ぐためには、呼吸ができないほど隙間をなくさないといけないからです。

空気中にウイルスが単独で漂う状況は、バスや狭い部屋などの限定的な密室状態でないとありえません。

 

マスクは、感染拡大防止に役立ちます。

新型コロナウイルスにかかっている人が、咳やくしゃみをばらまかないためには有効です。

また、すぐ横にいるような近さで咳やくしゃみをされた時、マスクをしていればそれを浴びないですむ、という状況では、感染予防になりえます。

そのような状況で感染者の咳やくしゃみの飛沫に含まれていたウイルスを体内に取り込んでしまうと、感染する場合がありますが、必ずうつったり、発症する訳ではないです。

 

とはいえ、会社内や電車の中などで無防備でいるのは不安かもしれません。

狭い空間では、マスクをしていたいと考えたくなるかと思います。

ただし、マスクの扱いに注意が必要です。

もしウイルスが空気中に漂っていた場合、マスクの外側にはウイルスが付着していると考えられます。

そして、マスクを触ってしまうと、手にそれらが付着してしまいます。

室内に入る時ポケットやカバンに一度使ったマスクをしまったり、それを取り出してまた外出時につけ直したりすると思いますが、その時にマスクについていたウイルスは手についてしまいます。

ずらしたりするときもマスクの外側をつまんでしまいますが、NGです。。

それを言ったら服やカバンにもついてることになりますが。

また、マスクをすると呼吸がしづらいからといって、マスク内で口を開けていたら意味はないかも。

 

感染防止に有効なのは手洗い

インフルエンザも同様ですが、新型コロナウイルスも、手から体内に取り込まれるというのが主な感染経路です。

以前、インフルエンザの時にも書いた通り、体内に取り込まれる場合粘膜から入るので、その経路を断つように気をつけます。

それを踏まえて、感染予防として気をつけることは

  • 手洗いをしっかりする
  • 外では口から息を吸い込まない(鼻呼吸をする)
  • 目をこすらない
  • 唇を舐めない
  • 爪やささくれを噛まない
  • 鼻水や痰を飲み込まない

 などとなります。

新型ウイルスというとすごく怖い響きがありますし、トップニュースで扱われると注目せざるを得ません。

ですが、正しい情報を知り、自分の状況に合わせた対応をすれば大丈夫な病気です。

もしかかっても、致死率どころか、重篤な症状に陥るパーセンテージも低いのです。

きちんと知らないまま、イメージでむやみに怖がったり、それどころか差別したり偏見を持ったりすることのないように気をつけたいと思います。

 ↓簡潔にまとまってると思いますが、サイトタイトルのアイコン写真はよくないと…汗

www3.nhk.or.jp

subaruhari9.hatenablog.com

思春期と更年期

人生においていろんなステージがありますが、体調などの変化が現れやすい時期としてよく知られているのが思春期と更年期になるかと思います。

 

思春期は、成長ホルモンや性ホルモンの分泌が活発になり、ホルモンバランスが不安定になることで訳もなくイライラしたりします。

 

子どもから大人へ変化していく時期であり、自我が確立することで自分と他人との違いを認識し始め、自意識が過剰になるし、周りが見えてくることで、受け入れなくてはいけないことを認めなくてはいけなかったり、自分の考えをうまく表現できなかったり、様々なことに心が乱されたりもします。

 

体調についても、子どもによっては起立性調節障害を始め、過換気症候群や頭痛など、自律神経の乱れからくる様々な不調が現れやすくなります。

こころの悩みが原因不明の体調として現れることもよくありますし、ストレスがいじめなどの問題行動として吐き出されることもあります。

 

自分の立場も親の庇護下にあり、愛情を求める気持ちと自立したい気持ちがぶつかり合います。

 

そんな心身の不安定さを抱えながらも学校生活や受験を乗り越えなくてはならず、なかなかハードな時期なのではないでしょうか。

 

一方、更年期もしんどい時期です。

こちらは逆に閉経などで性ホルモンが急に減少することによって様々な不調に悩まされます。

ホットフラッシュや多汗などがよく言われますが、胃腸の不調、関節痛、動悸など、全身に症状が出ます。

また、精神的に不安定になりやすいということもあります。

そしてその個人差が大きく典型症状を決めることは難しいです。

 

こころが不安定になるのは、ホルモンバランスが乱れるからだけでなく、子どもが進学や就職で家を出ていったり、体調がすぐれないことによって今まで通りにからだが動かないことなども原因になります。

社会的な責任も増す時期でもあり、芸能人や知人の病気の話なども気になる時です。

 

思春期と更年期は、人生の春と秋にあたると考えると、季節の変わり目という点は似ていると言えます。

60歳代の方で元気な方が多いのも、ホルモンが少ないことで体調が安定し、また人と比べることが少なくなってきてやりたいことが素直にやれる環境になり、小学生のような元気さが戻ると考えることができるかもしれません。

 

思春期の子どもが急に機嫌を悪くしたり、体調を崩してしまうことも、更年期の反対のことが起きてるんだなと考えると案外受け止めやすくなるのではないかなと考えたりします。

また、更年期の気分の落ち込みなども、青春時代の小さなことに心が動かされた時期と似てると思えば、そういうことがあってもいいのかもと思えるのではないでしょうか。

 

思春期を過ぎれば、心身ともに充実した大人として社会で活躍することができますし、更年期を過ぎれば穏やかで楽しい初老期を迎えることができます。

 

もちろん家庭環境や社会的立場で思うようにいかないことも多いですが、変化の時をうまくやり過ごしていけたらいいなと思います。

 

subaruhari9.hatenablog.com

温めるのはよいけれど。

今年は暖冬で、野菜が安かったり、スキー場がオープンできなかったり、例年とは違うことが起こっています。

寒いのは苦手という方にとっては過ごしやすくてよいかもしれませんが、冬の異常の影響は春、夏に出ますのでちょっと心配ですね。水不足とか。。

 

とはいえ冬なので温かいというわけではありませんから、からだを温める努力は必要になってきます。

腹巻をしたり、靴下を履いたりなどして、冷えないように気をつけている方も多いのではないでしょうか。

からだの熱を逃がさないということは、冷え対策の大事なポイントではありますが、やり方を間違うと、冷やしているのと変わらないということにもなってしまいます。

 

それは締め付けすぎ、ということです。

冷え性対策のグッズ、靴下、腹巻、タイツ、インナーなどは、肌に密着するものが多いです。

ひらひらしてると風が入ってきてしまいますから、ぴたっとしている方が肌の熱を閉じ込めやすく、温まりやすいです。

また、ゆるくてずれてしまうと意味がなくなってしまうので、その位置をキープするためにも、タイトである必要があります。

肌にぴたっとするには伸縮性が必要な訳ですが、これがきついことが往々にしてあります。

 

必要以上の締め付けは、血流を悪くしてしまうので、温めるどころか反対に冷えに近づいてしまいます。

からだの熱供給は血液によってなされますので、からだを温めるには血流が滞ってないことが大事ですからね。

妊活でおなかを温めようとして、腹巻を何枚もつけたり、タイツを履いたりすると知らず知らずのうちにかなり締め付けてしまっている場合がありますので気をつけてください。

インナーの締め付けによる、温活以外のネガティブなこととしては、痔や便秘になりやすくなります。

タイツも、冬のものはデニールの数字が大きいものを選んでしまいますが、またがみ部分の締め付けがきついものは避けた方がよいと思います。

また、ガードルはやめて、素材の柔らかいものを選んだ方がよいと思います。

 

また、ブラジャーの締め付けが強いと、肋骨が締め付けられるので胸の筋肉の動きが悪くなり、そうすると呼吸のための横隔膜の動きもわるくなります。

そのため、十分に息を吸い込めず、呼吸が浅くなってしまいます。

呼吸が浅いということは、十分な酸素が取り込めないということになります。

もし、ブラジャーを外した時にため息が出るという場合は、もっと息を吸いたいってことです。

ホックの位置をずらしたり、アンダーのサイズをあげた下着に替えた方がよいかもしれません。

 

おしりや胸のかたちの崩れを心配するかもしれませんが、かたちの維持にはその土台の筋肉がしっかりしていることが大事で、締め付けてもいいことありません。

 

そんなことを意識しながらインナーを選んでみて

くださいね。 

subaruhari9.hatenablog.com

事故に遭ったら、ケガが治っても注意してください。

バドミントンの桃田選手がタイで交通事故に遭ったというニュースはショッキングでした。

幸い、鼻を骨折するなどのケガはありましたが、飛行機を降りた後ゲートから歩いてきた映像から、重症ではなかったことに他人ながら安堵しました。

ただ交通事故の経験がある方などから、これから後遺症が出ないか心配という声も聞こえます。

実際、交通事故の場合、ケガをした部位はそこがどこかに直接ぶつかったためで、問題はそこだけでなくからだ全体が衝撃を受けているということにあります。

ケガしたところが治ればそれでOKという訳ではありません。

 

東洋医学では交通事故などに遭った時の状態をどのように考えるでしょうか。

まず、ぶつかった衝撃でからだの表面を流れ守っている陽気がとんでしまいます。

そのために呆然としたり、動けなくなったりします。

その後、ぶつかったところにあざやこぶ、腫れなどの直接的、部分的な瘀血が形成されます。

全身に受けた衝撃は、からだ全体の血の流れを悪くさせ、滞った血は脇下に集まって瘀血となります。

この瘀血は部分的なものではなくて、病理的な肝実瘀血証となります。

 

治療としては、まず陽気を補ってあげます。

事故のショックで受けた衝撃をやわらげて、気力を取り戻します。

不安定になっていた気持ちも、落ち着かせることができます。

 

ぶつけたところのあざや腫れも、瘀血を鍼やお灸で散らすことにより、引きが早くなりますので、痛みの回復も早まります。

アイシングと根本的な作用は同じように思います。

 

その後のからだのケアが大事になってきます。

ケガや腫れが治っても、瘀血が残っていると、いつまでもひかない痛みが残ったり、寒さや湿気で痛みが出たりするようなことが起こります。

これは瘀血証として、体質改善に近い治療をしていく必要があります。

事故のあとから始めればそんなに時間はかからないと思いますが、何年か前に事故に遭ってからずっと調子が悪い、といったような場合は、すぐによくなるというよりは、少しずつ調子を取り戻していくという経過をたどります。

 

交通事故は大きなできごとですが、瘀血ができるようなケガは、案外日常的に起こっています。

  • 自転車で転んだ
  • 段差で足をひねった
  • 人とすれ違う時肩がぶつかった
  • ボールが当たった
  • 階段を踏み外した

などですね。

ぶつけたところの痛みに気持ちがフォーカスされてしまいがちですし、そこが治れば完治したように思います。

しかし、瘀血が残ってしまう場合もあるので、経過観察はよくしていたほうがよいと思います。

 

また、昨今で心配なのはDVとか虐待ですね。。

殴られてケガとして残らなくても、継続的な暴力は間違いなく瘀血を形成していると思うのです。

肝実瘀血証になると、気持ちが発散できなくなるので我慢してしまう傾向にあります。

被害者本人から被害を発信できなくなるのは、証からも見えることなのです。

 

 ほんとにDVと虐待を憎んでいるのですが、なかなか鍼灸治療と結びつかないところがもどかしいですね。

 

話がそれましたが、ぶつかる系の事故に遭った場合は、ケガだけじゃなくからだ全体のケアも気にかけれいただければと思います。 

subaruhari9.hatenablog.com

お正月にダラダラしてしまうのは、退屈だからだけじゃない

すでに元旦から一週間が過ぎ、松もとれました。

通常運転の日々が戻ってきている方も多いのではないでしょうか。

 

なんとなく調子が戻らない、だるいなーと思っている方もいるかと思います。

お正月は生活のペースがいつもと違ってしまいますので、調子を崩してしまいがちですね。

特にダラダラと寝正月なんてしてしまうと、回復に時間がかかるかもしれません。

 

お正月、特に食生活においてこんなことをしてなかったでしょうか。

  • 食事時ではない時間帯におせちなどをつまんでお酒を飲む
  • 昼過ぎに起きて朝ごはんを抜く
  • 豪勢な食事をお腹いっぱい食べる
  • おもちをいくつも食べる。

などなど…

そんなことをしていれば、胃腸に負担がかかります。

胃腸に負担がかかると、それを管轄している脾が虚します。

お正月は脾虚証になりやすい状況なんですね。

 

脾が虚すと、脾の支配部位である四肢(手、足)の動きが悪くなります。

というか、力が入らず動かすのがおっくうになります。

脾の気血津液の生成作用が鈍って、手足まで十分いきわたらなくなるのです。

 

また、脾に当たる五味は甘味ですが、お正月の食べ物は甘い味のものが多いです。

適量の甘味は脾に潤いをもたらし、気血津液の生成を助けますし、緊張を適度に緩める働きがあります。

仕事の合間のおやつはいい息抜きになりますが、それは甘味が緊張を緩めるからです。

しかし甘味は、過剰になるとかえって脾に悪い作用をもたらします。

過ぎたるは猶及ばざるが如し、ということです。

甘味は肉を傷る(やぶる)と、古典に記述があります。

甘味の緩める作用が過ぎると肉をいためる、つまり甘味の緩める作用が、引き締める作用を弱めてしまい、太るということですね。

 

さらに、脾の五神は意智で、考える力です。

脾が虚すと、考えがまとまらず、ぼんやりしてしまい頭が働きません。

そのためにやる気も落ちます。

 

そしてだるいからといって体を動かさないと気もめぐらず、さらにだるくなって余計動くのが嫌になる。。

 

このように、お正月ダラダラしてしまうのは、その食生活の乱れで脾が虚すことも一つの原因になっています。

 

まあ東洋医学で説明するまでもなく、経験的にわかってることかもしれませんが。

 お正月が過ぎたら、控えめで規則正しい食生活をこころがければ、いつもの生活に戻りやすいかと思います。

七日に食べるとよい七草粥には、胃腸の働きを助ける大根や、気のめぐりをよくするセリなどの香味野菜が入っています。

おかゆは薄めに炊いておなかの負担を軽くすれば、お正月をリセットするにはよい食事かと思います。

七日にこだわらず、胃腸がスッキリしないとか、やる気が出ないとかいう方は、このような食材でのお料理を試してみてはいかがでしょうか。

subaruhari9.hatenablog.com