女性のための鍼灸院 すばるのブログ

横浜市港北区大倉山。静かな町の片隅にある鍼灸院です。鍼灸を通して、妊活、美容鍼、更年期などの女性のお悩みに取り組んでいます。

春分の日なので、陰陽について。

今日は春分の日で、昼と夜の時間が同じです。

つまり、陰陽のバランスが同じになっている日になります。

明日からは陽が旺盛になっていく時期になりまして、冬は陰を養い、消耗しないためにじっとしていましたが、これからはからだを動かして陽気を十分にめぐらせ、発散させてやり、陽を養うのがよい季節です。

陽は活動的な気なので、停滞したりすると熱をもったりして、それが病のもととなるのです。

とはいえ、汗をかきすぎたりして陽を消耗してしまうと今度はからだが冷えてしまうので、なかなかバランスが難しいところでもありますが。

 

さて、東洋医学には「陰主陽従」という言葉があります。

陰と陽は対等でお互いにバランスを取りあう関係ではありますが、人体における陰陽つまり臓腑は、臓が指示して陽を働かすという関係性があります。

陰がしっかりしていることで陽が活動できるというバランスの取り方になっているとも言えるかもしれません。

 

先日病の深さの話で、陰の方が奥に存在することに触れました。↓

 

subaruhari9.hatenablog.com

陰の性質(静、暗、下、内、水、寒、冬、夜など)から言っても、陰がからだの奥でじっとしているのに対し、陽(動、明、上、外、火、熱、夏、昼など)はからだの表面で活発に動いているというわけです。

 

会社のような組織で考えるとわかりやすいですが、社長(陰)は会社の一番奥とか上階にいて、あくせく働くことはありませんが重要な方針を決定し、社員(陽)はそれにもとづいててきぱきとタスクを果たすべく動き回ります。

 

ひとのからだも同じで、五臓はそれぞれの陰陽で対になっている腑を働かせています。

肺や心など陽の気も持っている臓は自らも仕事しますが、脾は中央にあり陰中の至陰と言われ、指示だけ出して胃を働かせています。

そうして陰である五臓のどこかに虚があると、その影響が陽である腑に行き、様々な病理状態を呈してくるわけです。

これまでも出てきましたが、肝虚証だと不眠や頭痛、イライラするとか、肺虚証だと悪寒、発熱などです。

これを細かくみると、肝虚証で肝の陰陽のバランスが乱れて陰が虚して陽が旺盛になると、肝と陰陽関係にある腑の胆が熱を受け、胆経に熱が波及するので、胆経が通っている頭に熱がこもる、という流れで頭痛や不眠などの病症が現れます。

 

人体でも組織でも、陰がしっかりして陽が十分に活躍できる状況が、一番健康的ですよ、ということを端的に表しているのが「陰主陽従」という訳です。

 

これを家庭に置き換えると、陰=女、陽=男なので、女性がしっかりと家庭を運営して男性がそれに応じた活動をする状態がいいと言えるかもしれません。

俺の方が稼いでいるからエラいとか何もしなくていいんだという発想は、陰主陽従の考え方からしたら、話にならないということがわかると思います。

稼ぐのは家庭運営には大事ですが、それが必要なことの全てではありません。

陰(妻)あっての陽(夫)、そういった独りよがりの考えでは家庭は成り立ちませんね。

反対に陰が強すぎると家庭は冷えますし、陰がぶれると家庭全体に影響が及びます。

 

陰陽は対立する要素ではありません。互いが存在することで己が成り立っています。

バランスが大事なのは、どんな場合でも言えることなのです。

 

subaruhari9.hatenablog.com

 

縦と横の気温差に注意

 3月に入ってから、温かい日と寒い日が入れ替わるようにあります。

寒い日は2月並み、暖かい日は4月並みと天気予報で伝えられ、今日は平年並みですという日の方が断然少ない印象です。

三寒四温ということわざのとおり、この時期は毎日気温が変化します。

ただ、これは最高気温を比較した場合です。

朝の気温もまた、日々大きく異なっています。

朝は4℃くらいで寒くても、午後には15℃以上なる、なんてこともよくあります。

また反対に曇りの日などは朝はそれほど寒くなくても、そのまま気温が上がらず、なんてこともあります。

つまりこの時期は、日々の日中の気温の変化(横の変化)と一日の中での気温の変化(縦の変化)両方の温度差があるということです。

 

春が近づいて暖かい日が時々あると、日差しも強くなり日照時間も長くなるので、なんとなく冬より薄着になります。

外出時は脱いだり着たりができるような服装を選ぶように気を付けますが、部屋にいる時の恰好は、あまり気を付けていないことが多いのではないでしょうか。

日中の暖かさで薄着になっていたそのままに夜を迎えると、案外寒くてからだを冷やしてしまいます。

朝起きた時もパジャマのままで過ごしてしまうようになりますが、肌寒いのを我慢したりしてないでしょうか。

 

からだは気温の変化、天気の変化に対応するために、自律神経が冬よりむしろ忙しく働いています。

 ここ↓でも書きましたが、心身の不安定さをカバーして一定のコンディションを保とうとするので、からだは知らず知らずのうちに疲れを溜めてしまっています。

subaruhari9.hatenablog.com

 

春に眠くなりやすいのも、このような疲れのせいかと思います。

春に調子を崩しがちな方は、この疲れにからだが負けてしまっているんですね。

そのような方は、無理をしないでからだに負担をかけずに過ごすことはもちろんですが、薄着になってないかを気を付けてみるのもよいと思います。

振り返ってみると、真冬の方がぬくぬくとからだを温めていたと気付くと思います。

 

春になるとなんとなく気が急いて、上着などしまい込みたくなります。

ですが、冬の暖かい日とあまり寒さに違いのない日もあります。

こまめな温度調整はめんどくさいですが、思わず風邪を引いたり花粉症が悪化したりすることもあると思って、ちょっと頑張ってみていただければと思います。

 

subaruhari9.hatenablog.com

病の深さを風邪から考えてみる

昨日、三陽経はそれぞれ深さが異なるということについて触れました。

今日はちょっとそれを掘り下げてみたいと思います。

subaruhari9.hatenablog.com

 

ひとのからだを考えた場合、東洋医学では、

体表面→経絡→腑→臓 という順番で深い位置にあると考えています。

三陽経の話はこの経絡の部分をさらに分けたものということになります。

経絡は陰経もあるので、全部で三陰三陽に分かれます。

三陽=太陽経、陽明経、少陽経

三陰=太陰経、少陰経、厥陰経

となりまして、この辺はなんか難しいのでこれ以上は説明しませんが、病の深さで現れる病症が変わります。

 

一番わかりやすいのが風邪なので、それで説明すると、

まず冷え(寒)を受けると、体表面を守っている気(衛気)の流れが乱れて寒が中に侵入してきます。

 

一番外側にある太陽経を流れる気も寒を受けて、熱が集まるところと、他に熱が行ってしまって冷える部分とができます。

この時点で寒の侵入を防ぐために、からだの窓である腠理(そうり)を閉じ、からだを守ろうとします。

そのためこの時は汗は出ていません。

まだ悪寒や肩こりなどを感じる程度です。

この時点で肺虚を補い、太陽経から熱を取り除く経穴を使って軽く発汗させるような治療すると、風邪を引かずに済みます。

 

そこでそのままにしていると、次のレベルの陽明経にも熱の停滞が起こります。

腠理が閉じているので、停滞した熱が発散されずに発熱し始めます。

陽明経は鼻やのどに関係しているので、鼻水が出たり喉が腫れたりすることもあります。

この段階で発汗を促し、停滞した熱を発散してやると治ります。

 

それをそのままにしていると、今度は少陽経に熱が内攻してきます。

少陽経はもう腑に近いので、ここまでくると腑である胃腸にも症状が出るようになります。

汗をかくようになりますが、簡単には熱が下がらなくなります。

この段階では肺虚から脾虚になってしまっていて、脾を補わないとよくなりません。

 

この熱を臓である肺が受けると肺炎などになります。

肺炎は時に命の危険も伴う重い症状です。

 

このように、病がからだの深いところに侵攻すればするだけ重症度が増していくのがわかるかと思います。

このことは城郭の構造を考えてみると想像しやすいかと思います。

お城はまずお堀に取り囲まれているので、何もしなくても簡単には敵が侵入しないようになっています。

これは体表面を衛気が常にめぐっているようなものです。

ついで城壁がぐるりと城郭を囲んでいます。

城壁には攻撃を仕掛ける仕組みがたくさん設けられています。

城主が住む本丸は城の一番奥にあり、たいがいの敵はそこに至るまでに潰されてしまうようにできています。

しかし敵が中に侵入してくるほど、兵力は必要なりまたダメージも大きくなります。

 

普通は風邪から肺炎になることはまずありませんが、発熱しているのに寒い環境にずっといたり、子供や高齢などで基礎体力がない人は危ない場合もあります。

 

また、からだの内側から病気になると、影響の仕方や方向も複雑になります。

どこの経絡、どこの腑または臓に何が起こっているのかを見極めるのが、治療で一番大事になってきます。

とはいえ、あまりに重病な患者さんは鍼灸院には来ませんし、来たとしてもまずは病院に行って適切な治療を受ける方が当然よいですが。

 

subaruhari9.hatenablog.c

花粉症はなぜ起こる

花粉症は、スギやヒノキの花粉を異物として感知して免疫抗体が作られてしまい、それを排出しようとする生体反応が過剰に表れた疾患です。

なぜ起こるかというと、そういうことなんですが、ではなぜ花粉に対して抗体ができてしまうのかはよくわかっていません。

これはアレルギー全般にも言えることで、そのためにアレルギー性の疾患には対処療法がとられることがほとんどです。

花粉症においては、ワクチン接種と同様の考え方で、経口免疫療法というものが最近取られ始めています。

これは少しずつアレルゲンを取り込むことでからだを慣れさせ、毒じゃないんだよとわからせるような治療なのですが、数年かかることもあり、簡単ではないようです。

 

こういう時こそ東洋医学の出番ですと言いたいところですが、鍼灸治療としても、体質などに関わってくることもあり、なかなか簡単ではありません。

 

東洋医学では、花粉症のような症状は陽明経に熱が停滞して起こると考えます。

陽明経とは、三陽経といって、6つある陽の経絡を3段階に分けた内の真ん中のレベルのものです。

三陽経はからだの表面から太陽経→陽明経→少陽経という順で深い位置を流れるとされています。

手の太陽経=小腸経

足の太陽経=膀胱経

手の陽明経=大腸経

足の陽明経=胃経

手の少陽経=三焦

足の少陽経=胆経

という感じ。

陽明経にあたる大腸経も胃経も、目や鼻、のどに通じているので、そこで発散されない熱がこもることで水も停滞し、鼻水やくしゃみ症状が現れるわけです。

なぜ発散させることができないのかというと、五臓の虚、この場合肺虚や脾虚があるからなんですね。

脾が虚して気血を巡らせる力が鈍っていると、熱や水が経絡に停滞してしまうのです。

本来であれば、春になって季節に応じて自然界の陽気が盛んになってくるのに合わせ、ひとのからだも陽気が盛んになっていきます。

気候は行ったり来たりするので思い切り動き回るにはまだ早いですが、冬と違って行動し始める時期です。

こちらの記事でもちょっと触れました。↓ 

subaruhari9.hatenablog.com

 

ですが、体質的に脾が弱かったり、冬にきちんと養生していないと十分に陽気が発生できなくて、春の気に追い付かないという状況になります。

ここで、前の季節の養生が大事になってくるわけです。

冬に汗をかくほど温まり、陽気をいたずらに損傷していると、春につまずいてしまうことになるんですね。

警告しました。↓ 

subaruhari9.hatenablog.com

 

もちろん、疲れが溜まったりして脾が虚してしまっても花粉症の症状が出やすくなります。

花粉症というほどでもないけど、疲れてたり、朝や夜に鼻水やくしゃみが出ることがある、という場合はそれにあたるかと思います。

そのため、花粉症の治療は、一義的には鼻水などを抑える経穴を使ってそれを止めつつ、五臓の虚も補わないとうまくいかないということになります。

肺虚は表面から侵されて虚すことが多い(風邪など)ですが、脾虚はからだの一番深いところにあるので、からだ全体の改善が必要になってきます。

つまり、食事や睡眠をはじめとした休養などをしっかりさせた上で治療を進めることが大事になります。

 

そういう訳で、すぐには治りませんが治らないわけではないというのが、東洋医学的にみた花粉症かなと思います。

ひどい花粉症に悩んでいる方は、生活習慣などを見直してみてはいかがでしょうか?

遠回りのようで改善につながるかもしれません。

 

subaruhari9.hatenablog.com

 

においも情報源

 最近はにおいについての話題が多いです。

加齢臭を防ぐにはとか、

柔軟剤の匂いがつらいとか、

ベランダからたばこの臭いがするとか。

トイレも少し前と比べると臭わなくなりました。

日本人はにおいに敏感な方なのかもしれないですね。

それでも子供のころは今よりいろんなにおいがしていたなぁ、などと思います。

 

さて、人のからだもいろんなにおいを発します。

ひとつは清潔ではないときに臭いますね。

これは身だしなみとして気を付けたいところです。

もうひとつは、体調が悪かったり、病気の時です。

こちらは、原因となっている症状をよくしていくことが大事になります。

 

治療する側からすると、においも病気を特定する手がかりの一つになります。

まずは、においがするしないでの違いがあります。

どんなにおいでも、においがするのは、熱が旺盛の時です。

食べ物でもそうですが、温かいもののほうが香りがしっかりしていると思います。

温かい方が分子の振動が活発で、においの元の粒子が揮発しやすくなるからです。

ひとのからだも同じで、陰が虚して陽が相対的に旺盛になっている状態は、体臭が出やすくなります。

反対にからだの冷えている陽虚証の人は、体臭があまりありません。

 

また、熱の偏在によってにおいが出ることもあります。

胃熱が強いと口臭が強くなりますし、炎症がある(つまり熱がある)と膿を生じたりして臭いが発生しやすくなります。

からだは冷えていても、部分的に熱の停滞があるとそこが臭うことはあります。

 

また、若い人は陰と陽どちらも旺盛ですので、からだのバランスがそんなに乱れていなくても体臭が発生しやすいかと思います。

一方、高齢者は津液が虚して慢性的に虚熱を持ちやすいので、これもまた体臭が発生しやすい傾向にあります。

そういった意味では、現役世代は陰陽のバランスのコントロールはしやすいといえます。

つまり、陰虚に傾き過ぎないような生活をすることが、体臭予防に効果的になります。

きちんと休養を取り、睡眠をしっかりとることで陰は補われます。

働き過ぎ、食べ過ぎ、遊び過ぎはオーバーヒート、つまり陽が旺盛になり、陰を消耗してしまいます。

加齢臭対策はそれ用のシャンプーなどもいいですが、まずはからだの内側から改善してみてはいかがでしょうか?

 

ところで、東洋医学五行説の分類にもにおいについてもきまりがあります。 

肝=羶(あぶらくさい)
心=焦(こげくさい)
脾=香(かんばしくさい)
肺=腥(なまぐさい)
腎=腐(くされくさい)
どれもやばそうなにおいばかりですが、おそらく相当病状が悪化した時の特有の体臭を示しているのだと思います。
脾の「香」は糖尿病のアセトン臭かなと思いますし、肺の「腥」は結核などでの吐血による血の臭いかなと想像してみています。
 
という訳で、治療する側にとっては体臭も症状のひとつくらいにしか考えていませんので、あまり過剰に気にされずに治療に来ていただければと思います。
 

subaruhari9.hatenablog.com

お灸で腫れを取る

鍼灸治療はその名の通り、はりとお灸を用いて治療を行うものです。

では、はりとお灸をどのように使い分けているのでしょうか。

はりは金属(冷たい)でお灸は火(温かい)なので、性質は正反対です。

陰陽の関係といってもいいかもしれません。

そもそもはりは南から、お灸は北から来ているのでルーツが正反対なんです。

 

subaruhari9.hatenablog.com

 

なので、もともとは、はりは実を取り除く治療、お灸は虚を補う治療が得意でした。

医療技術が進歩していく中、はりも手技や鍼の種類などを使い分けることにより、虚実両方を治療できるようになっていきました。

陰陽の理屈で言えば、はりにも陰陽があるということです。

今ははりで五臓の虚を補うことができるようになっています。

そのため、はり中心で治療を組み立てる鍼灸院もあります。

 

では、お灸は虚実両方には使えないのでしょうか?

実はお灸はも虚実どちらの治療にも使うことができます。

例えば捻挫。

ひねった直後の腫れを引かせるのに、お灸が役に立ちます。

ひねったり、スポーツなどで特定の関節を使いすぎて腫れて熱を持った時、患部には急性の炎症が起きています。

炎症は患部に起こっている筋肉などの損傷を回復させるために血液が集まったり、ケガしていることの自覚を促すために痛みを起こす物質が出たりします。

生体に、これらの異常が生じると発赤 (ほっせき:redness)、熱感 (heat)、腫脹 (swelling)、疼痛 (pain) を特徴とする徴候が生じる。これを炎症の4徴候(ケルススの4徴候)と呼ぶ。さらに組織異常の発生部位によるが、機能障害(Functio laesa)をもたらし、これをあわせて、炎症の5徴候(ガレノスの5徴候, CALOR)と呼ぶ。(wikipedia)

鍼灸の学校の病理学の授業で習います!忘れてたけど!

 

そういう意味では腫れるのは正しい生体反応ではあるんですが、往々にしてこれが過剰になってしまい、患部に血液等が停滞してしまうのです。

早期回復のためには、それを適切に取り除く必要があります。

西洋医学的にはアイシング(氷で冷やす)をしますね。

それは、血管を収縮させて患部に必要以上の血液などが流入しないようにし、細胞の活動を抑えて疼痛物質の発生などを止めるという意味があります。

 

さて、この作業をお灸で行うことができます。

患部は東洋医学的に言うと、急性の瘀血ができた状態になっています。

急性の瘀血は熱を持っています。

その患部に停滞している熱を取り除くために、知熱灸というお灸をします。

知熱灸は、患部にもぐさを置いて火をつけ、熱さを感じるか感じないかくらいの段階でもぐさを取り除く、つまり”熱さを知る”くらいの程度で止めるというお灸です。

そうすると、患部の熱が表面に引き寄せられて発散していきます。

これは虚を補うというよりは、実を取り除くことを目的にしたお灸の使い方になります。

あったかくて気持ちいい~、というお灸ではないんですね。

その後はりをチクチク感じるくらい患部にあてると、瘀血も取り除かれていき、結果腫れが引いていきます。

目的は同じでも、西洋と東洋ではやり方が正反対なんですね。

 

なお、アイシングは長くても20分程度にしないと、今度は患部の回復が遅れてしまうので注意が必要です。

また、普段腰痛などでシップを貼ったりすることはよくあると思いますが、気持ちいいかもしれませんが患部を冷やすことになりますので、状況をよく観察して使うようにするとよいと思います。

 

ほかにも以前ご紹介しましたが、お灸はこんな使い方もあります。

 

subaruhari9.hatenablog.com

 やり方次第では、お灸はいろいろと使えて便利なんですね。

きちんと使い分けられるよう、手技の技術を鍛えていきたいと思います。

 

subaruhari9.hatenablog.com

 

今不安なのは、春だから。

昨日は曇り時々雨、今日はほぼ雨。

肌寒いです。

明日は晴れて気温が上がるそうです。

花粉もかなり飛ぶとか。

逆に朝は冷えるようです。

この頃はこのように天気や気温の上下が激しく入れ替わっていますね。

4月になれば風の強い日も出てきたりします。

雪が降った年もありました。

西高東低の冬型で、ほとんど雨の降らなかった1月とは大違いです。

 

立春のところでも書きましたが、春は気候が不安定です。

 

subaruhari9.hatenablog.com

 

気候が不安定ということは、からだのほうはそれに応じていちいち調整しなくてはいけなくなります。

冬は毛穴を閉じて熱が逃げないようにし、エネルギーを体温の維持に使うため余計な活動を控える、これをやっていればよかったのですが、春はそんな簡単にはいきません。

からだの中は体温や消化機能、膠質浸透圧などなど、常に一定に維持しなければならないことがたくさんあります。

そのため、気候など外部の変化を吸収し、からだの内部に影響が出ないよう調整するために働く自律神経がとても消耗します。

 

一方で、春は肝が働くために、気が外に向かって動き出します。

体調がよくないと、それはめまいや頭痛として現れることもあります。

動き出すことにからだが追い付かず、寝違え、腰痛など筋肉系の疾患も出やすいです。

春=肝=筋ですので。

精神的には、その動きがやる気が出るなどポジティブに働くにはとてもよいのですが、ヘンにハイになっておかしな言動をしがちな時期でもあります。

そういう意味では、からだの外からもストレスがやってくるし、からだの中からもストレスが発生するということになります。

春がしんどいという人は多いと思いますが、さもありなん、と言えます。

 

また、気候のほかにも異動や入学など自分を取り巻く環境が変わりがちでもあります。

そうなってくると、将来のことなどを不安に思ってしまいがちになります。

からだが不安定なので、こころの不安定さを支えきれないんですね。

これをそのままにしてしまうと、気力全体が低下し、五月病(最近はあまり言わなくなったでしょうか?)になってしまいます。

ですので、不安な気持ちに取り込まれそうになったら、気持ちや考え方などで解決しようとせず、からだをしっかり休めるのが大事だし、有効になります。

夏でも冬でも、将来のことがわからないことは変わらないんです。

春は寒さから解放され、花が咲いて気持ちの良い季節でもあります。

春の不安定さに飲み込まれないよう、春を楽しみ、からだをいたわって過ごしましょう!

 

subaruhari9.hatenablog.com