女性のための鍼灸院 すばるのブログ

横浜市港北区大倉山。静かな町の片隅にある鍼灸院です。鍼灸を通して、妊活、美容鍼、更年期などの女性のお悩みに取り組んでいます。

モクサアフリカ~足三里へのお灸で結核の治療に

昨日NHKで「東洋医学ホントのチカラ」という番組がありまして、はり、ヨガ、漢方薬、お灸に分けて特集していました。

はりの方はアレだったんですが、お灸の特集がなかなか興味深いものがありました。

現在アフリカのウガンダなどで、モクサアフリカというイギリスのボランティア団体が、結核の補助的治療のためお灸を広めているという内容です。

モクサとはmoxa、お灸の英語です。

なお漢字は艾と書きます。

代表のマーリン・ヤングさんは鍼灸師

勉強のために読んだ原志免太郎博士のお灸に関する著書のなかに、結核足三里へのお灸が効果があるという研究結果があることに着目しました。

原志免太郎博士は戦前の医師で、まだ抗生物質のない時代に日本人の死亡原因一位だった結核の治療のため、お灸を研究したとのこと。

うさぎを使った実験などでかなりきちんとしたデータを取っていたようです。

現在アフリカではエイズの次に死亡者の多い病気が結核だそうです。

十分な医療が受けられない環境、栄養が十分でない食料事情などは、戦前の日本に似た状況なのかもしれません。

そこでマーリンさんは結核の治療に、安価で誰でも使いやすいお灸を使ってみることにしたのでした。

番組では、足三里へのお灸を続けた結果、結核から回復した方も登場し、その効果を実感していると話していました。

マーリンさんが広めていたのは、もぐさを米粒大に捻って足三里に据え、線香で火をつける昔ながらのお灸。

マーリンさんはもちろんですが、アフリカの皆さん、お灸上手!慣れてる!

ちゃんとお灸がアフリカの人たちの間に広まっているということが、見るだけでわかります。

使っているもぐさもお線香も馴染みのあるもので、なんだか嬉しくなる特集でした。

 

足三里へのお灸は、鎌倉時代吉田兼好著「徒然草」、江戸時代の貝原益軒「養生訓」、松尾芭蕉奥の細道」にもやるとよいと紹介されている、歴史ある健康法であり、戦前までは庶民にも浸透していました。

今では自宅にもぐさを常備している家庭はあまりないと思いますが、以前は身近な養生法としてお灸があったのです。

自宅での病気の治療と言えば処方された薬を飲むことが主流の現在、薬以外でもからだをよくする方法があるということが少しでも浸透するといいなと思いました。

 

結核足三里の関係、なぜこの経穴なのか。

足三里は胃経の原穴なんですが、結核は肺の病気なので肺に関係した経穴でなくてよいのか、調べてみました。

尊敬する首藤先生の著書に結核についての記述がありました。

結核は重い疾患なので、繊細な治療が必要になります。

そのため、直接的な治療は強すぎるようで、胸から上の経穴は使用しない方がよいとのこと。なにより大切なのは、体力を増強することで、そのためには脾経を使うのがよく、足三里や中カン(にくづきに完)などが効果を期待できると。

なるほど。。

確かに時間はかかるけれども、地道な足三里へのお灸が栄養不足のからだを支えてくれるチカラになる。

お灸百日、という言葉もあります。

お灸の力を再確認できた、よいきっかけとなりました。

ちなみに、原志免太郎博士は104才まで診察を行い、108才まで存命されました。これもお灸の効果かもしれません。

冷え性対策その3~熱を生み出す

これまで冷え性対策として

・からだを冷やさない

・からだを温める

についてご紹介してきました。 

subaruhari9.hatenablog.com

subaruhari9.hatenablog.com

 

本日はその第三弾として、からだの内側から熱を作り出すことについて書いてみたいと思います。

冷やさないようにしたり、温めたりするのは外側からのアプローチになりますが、今回はからだの内側からの対策になります。

 

体温を上げる?

平熱が36℃に届かない方が増えているそうです。

平熱が低いと免疫力が低下する、不妊の原因になるなどと言われています。

ただあまりこの説に対する根拠はないように思います。免疫の機能は大変複雑で、その機能が体温によって低下するかどうか具体的なデータはありません。不妊の原因説もしかり。

人間は、恒温動物です。

体温は常に一定になるように脳(視床下部)が厳密に管理しています。

平熱が36℃に届かない人は、それで十分だからそうなっているのだと考えられます。

高齢者はこの機能が加齢により低下してしまい、平熱が低くなる傾向にありますが、30代40代の方ではそんなことはまずありません。

なので、平熱が低いこと自体はそんなに気にしなくてよい、と考えています。

こんなサイトもあります↓

低体温でも妊娠できた方いますか? : 心や体の悩み : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

むしろ低温期と高温期の差があまりないとか、高温期が短いとかは対策が必要に思います。

 

内側からからだを温めよう

平熱が何度かにかかわらず、からだで熱を作ることは大事です。

体温は、からだの中で様々な活動(代謝)によりエネルギーが消費(燃焼)されることで産生されますが、その熱によりまたからだの様々な活動ができる訳です。

つまり、代謝と燃焼のサイクルがきちんと回っていることが健康なからだといえます。

 

からだの熱は主に肝臓と筋肉で作られます。

 

しっかり食べる

食事をとることで、消化活動が活発になり、熱が発生します(特異動的作用)。

また、小腸で吸収した栄養分は血液によりすべて肝臓に運ばれ、からだの各所で必要な細胞、ホルモンなどが作られます。この肝臓の活動により、熱が発生します。

温かいものを食べれば、これらの活動に負担をかけることがありません。

また糖質などはからだの活動のエネルギー源にもなりますから、食事をきちんと食べることが大変重要になります。

エンジンを回転させること、ガソリンを確保すること。

食事をすることでこの両方ができます。 subaruhari9.hatenablog.com

 

筋肉を動かす

熱を作り出せるもう一つの臓器は筋肉です。

筋肉はじっとしていても姿勢を保つなどで常に伸縮を繰り返しています。

筋肉を動かすにはATP(アデノシン3リン酸)が消費されますが、ATPを消費するときに熱が発生するのです。

そのため、熱の産生を増やすには

・積極的に筋肉を動かす(運動する)

・筋肉を増やす

ことが大事になります。

ATPは有酸素運動でより多く消費されるので、ストレッチ、散歩、ジョギングなど継続的な運動をするのがよいと思います。

家事をしたり、階段を使ったり、、何事もめんどくさがらずいちいち動くことが大事かと!

とはいえ、筋肉をつけるにはウェイトリフティングのような無酸素運動による負荷をかけることが必要なので、どちらもバランスよく行う必要があります。

ここでもちょっと触れました↓
subaruhari9.hatenablog.com

 

冷え性対策1、2,3 いかがでしたでしょうか?

まずは1、その次に2、できれば3まで気を付けてみて、寒くてつらいからだから楽になってみていただければと思います。

鍼灸院に行ってみよう!そう思ったときに。

 はりきゅうの治療を受けてみよう、と思っても、まだまだ情報が少ないかなと思います。

すべてが同じではありませんが、だいたいの流れがわかったらいいかなと思いまとめてみます。

ご参考になればさいわいです!

 

鍼灸院を探す

知り合いや家族に紹介してもらえると様子を聞くことができて安心ですが、そういったあてがないことが多いかと思います。

 最近はほとんどの鍼灸院がホームページを作っていると思いますので、「地域名+鍼灸」でお近くの鍼灸院のホームページを探すことができます。

また、たくさんの鍼灸院がまとめてある、条件を入力して検索できるポータルサイトもあります。

ホームページにはどういった治療を行っているのかということや、場所などが記載されていますので、自分に合ってそうか検討することができます。

鍼灸院のたいぷについてはこちらをご参考に↓

subaruhari9.hatenablog.com

 

予約する

確実な治療時間を確保するために、予約が必要な場合がほとんどです。

鍼灸師さんが複数いるような治療院は、予約なしでも大丈夫なところもあるかもしれません。

治療院が電話かメールでの予約が主流かと思いますが、その時どんな不調で悩んでいるのか訊ねられることもあります。事前に治療のイメージを持てるので伺うのですが、細かいことや言いにくいことは当日でも大丈夫です。

予約時間ちょうどに行けばいいのか、少し前に行けばいいのか確認してもいいかもしれません。

 

着替えについて

ホームページに案内がある場合が多いと思いますが、鍼灸治療は全身治療になることが多いため、肌を露出する必要があります。

どのような服装で行けばよいのか、着替えはあるのかなど不安があれば確認しておくとよいと思います。

 

問診について

当日、または事前に問診票の記入を求められることが多いと思います。

生活のことや体調のことなど、今悩んでる症状と関係ないことも多い場合がありますが、鍼灸の場合、からだの様々な状態から治療方針を決めていくのでいろんな情報がある方がよいためです。

頭痛がするから治療を受けに来たのに、なんで生理のことまできくのかな?などと思うことがあるかもしれませんが、教えていただけると助かります。

 

治療は怖がらずに

初めてのはり治療は緊張すると思います!

ですが最近はなるべく痛みを感じさせないようなはりをすることがほとんどですので、リラックスして横たわりましょう。

脈を診たりお腹にさわったり、普段の病院での診察と違うので、はり治療はこんなことするんだなと観察するような気持ちで臨んでいただければよいかと思います。

治療のやり方は、先生によって結構差があります。

はりをたくさん使う先生、刺しっぱなしで何分かおいたり、刺しては抜いていったり、いろいろです。

前に行ったところとは違うと思うこともあるかもしれません。

 

不快に思うことははっきり伝える

我慢できないほど痛い、際どいところを触られるなどのことがあったら、ためらわずにやめてほしいと言ってください。

もやもやを抱えたままではよい治療になりません。

これがうちのやり方、という回答でしたらその鍼灸師さんとは合わないということです。

 

治療が終わったら

そのままお会計、ということころもあると思いますが、たいていは治療後の体調など確認されたり、症状のことについて説明される時間があると思います。

そのときに治療後注意することや、今後の通院について確認してみましょう。

症状によっての理想的な通院間隔もありますが、そこは無理のない通院になるよう相談して構わないと思います。

 

いかがでしょうか?

基本的には、わからないことは聞くのがよいと思います。

鍼灸院をからだのためにうまく利用していただけたらさいわいです。

耳の詰まった感じが続く時は

ふと気がつくと、なんとなく音がこもって聞こえる気がする。

耳が詰まったようなうっとおしさがある。

そんな経験ある方も多いのではないでしょうか。

耳の詰まった感じ、耳閉感の原因は様々で、以下の病気によってなることもあります。

 

耳閉感を伴う主な病気

・中耳炎

風邪などで最近が侵入し、中耳に炎症が起きる病気です。

耳閉感のほか、痛みが強くなります。

 

・外耳の炎症

耳掻きや綿棒で耳を擦りすぎると、外耳道を傷つけてしまい、そのことで耳が詰まったような感じがすることがあります。

 

・耳管開放症・耳管閉塞症

中耳から鼻の奥に通じる管は、中耳の内圧調整のため、飲み込むときなどに開いたり、必要ないときは閉じたりしています。

それが開きっぱなっしまたは閉じたままになってしまう病気です。

耳閉感の他、自分の声が響く感じがしたり、飲み込むときに音がしたりします。

 

メニエール病

回転性のめまいと、それにともない耳閉感や耳鳴りが起きる病気です。ひどくなると吐き気がしたり、難聴が起こります。

 

突発性難聴

突然片方の耳の聞こえが悪くなる病気です。

耳閉感があって聞こえづらいような軽いものから、ほとんど聞こえない重症例もあります。

 

・鼻炎

風邪などによる鼻づまりやアレルギー性鼻炎により、耳閉感が出ることがあります。

 

・気圧の変化

 飛行機に乗ったときなど一時的に耳の詰まった感じがすることがあります。

これは中耳と外耳の気圧に差異が生じ、鼓膜が外耳に引っ張られて振動しなくなるために起こります。唾を飲み込むなどして耳管を開いて内耳の圧が外と同じになれば戻ります。

 

・ストレスなど

上記のような病的な原因がないのにもかかわらず、耳閉感が現れることがあります。ストレスが過度になったり、生理前になることもあります。

 

耳鼻科で適切な治療を行うことはもちろん大事ですが、耳閉感そのものを取り除く治療は難しいのが現状です。

また、原因がストレスと告げられることも多いです。

耳閉感は、ストレスの影響が大きいと考えられているのです。

 

鍼灸治療では

耳閉感を起こす原因を鍼灸では、虚熱(陰が消耗されることで相対的に熱が過剰になった状態)が発生したり、津液の流れが悪くなったりして、耳を通る経絡を塞ぐからだと考えます。

耳に関する経絡はいくつかあるので、脈を診て、どの経絡に問題があるのかを検証します。

治療すべき経絡が決まれば、その経絡上の経穴にはりやお灸を施して治療します。

また、首から上の症状には肩凝りが関わっていることが多いので、肩凝りを和らげるようにします。

 

耳閉感だけで他の症状がない場合、耳細胞が冒されていることはほとんどないので、きちんと治療すれば改善に向かいます。

自分でも恐らく原因となるストレスがなんなのかは心当たりがあると思います。

仕事が忙しいなどですぐに解消が難しい場合、睡眠時間をとる、気分転換や人とあって話すなどできるだけそのストレスを解消するよう心がけてみることが大切に思います。 

秋は自律神経の乱れやすい季節。

今日の最高気温(横浜)は19℃。10月中旬ごろの気温です。

9月に入り、気温や天気が日替わりで乱高下しています。

9月1日から今日21日の3週間の変動を見てみますと、

31℃ 23℃ 27℃ 30℃ 31℃ 31℃ 31℃ 32℃ 32℃ 30℃ 25℃ 25℃ 26℃ 23℃ 22℃ 26℃ 31℃ 29℃ 27℃ 24℃ 19℃

最大で13℃も差があります。

さらに、お天気も雨と晴、曇りを繰り返すように変わり、安定していません。

天気が安定しないということは、高気圧に覆われたり、低気圧が通過したりで気圧の変化も激しいということになります。

関東地方に上陸はしませんでしたが、台風も日本を通過しました。

 

このような時は、自律神経が失調しやすいです。

 なぜ天候が安定していない今の時期は、自律神経が乱れやすいのでしょうか。

 

オーバーワークになっている

自律神経は意思に関係なくからだをコントロールしている神経で、交感神経と副交感神経がバランスを取りながら働いています。 

subaruhari9.hatenablog.com

  寝ている状態から起き上がる時の全身の血圧の調整とか、恥ずかしいと思って顔が赤くなる時に他の血管を収縮させて顔に血液を送ったりとか、とにかく絶え間なくからだのあらゆることに関して微調整を行い、からだが常に正常に運営されるようにしています。

そういう繊細な作業を行っていますので、少しでもからだが弱っていたり体力が落ちていると、その働きが追い付かず、乱れてしまうのですね。

そうなってしまうと、天候、気温、気圧のような外的刺激に対して的確に対応しきれなくなってしまいます。

 

夏の疲れが溜まっている

このような天候に加え、夏の暑さを乗り切った疲れもからだに溜まっています。

・汗をかいくことによる体力の消耗

・冷たい飲食による胃腸への負担

・冷房による冷え

・お盆休みなどいつもと違う生活(旅行など)を過ごす

このようなことにより、今の時期のからだは疲れています。

その負担が自律神経の乱れにつながります。

 

自律神経が乱れると

自律神経が失調すると、その働きの性質上、様々な症状があらわれます。

・頭痛

・めまい

・肩こり

・食欲不振

不整脈や動悸

・倦怠感

・耳鳴り

・不眠

・眠気

など、個人差があります。体質的に弱いところに症状が出やすくなります。

 

自律神経を整えるには

からだに負荷がかかっていて弱っている状態なので、さらにからだを追い込むようなことはNGです。

・バランスよい食事

・十分な睡眠時間

・軽い運動

すごい基本的なことですが、弱ったからだにやさしくしてあげるように心がけることが大事です。

日ごろから、こうすると調子がいいというポイントを把握しているとよいかもしれません。

とにかく寝るとか、少し走るとか、それぞれなにかあるのではないでしょうか。

 

体調がよくないということは、からだが休みたいというメッセージを発しているということです。

それを無視して頑張りすぎると結局風邪をひいたり、出ていた症状が慢性化したりすることもあります。

からだあっての自分ですので、やさしくケアしてあげてください。

ゴースカに行ってきました!

ずっと楽しみにしていた、スピッツのファンクラブ会員限定ライブツアー「GO!GO!Scandinavia Vol.7」(略してゴースカと言う)へ行ってきました。

セトリやMCのネタバレはしていませんが、もし参加前の方がこのページご覧になられた場合はご注意ください。では感想を書きたいと思います。

 

ゴースカとは!

スピッツは、あまり知られていないですが、ファンクラブ会員限定のライブツアーを3、4年に1回くらいの頻度で行っており、今回はその7回目になります。

もう20年以上前からやってる恒例イベントなんですね。

ファンクラブ名がSpitzbergenといいまして、ノルウェー領にある島の名前からとっているので、そこからこのツアー名がついたものと思います。

 ファンクラブ会員限定だけあって、ファンに嬉しい企画がたくさんあります。

 

会場が小さい

会場はどこもライブハウス中心なので、ステージからとても近い位置でライブが楽しめます。

その分スピッツはたくさんの会場を回ることになります。今回は延べ26ヶ所。去年のanniversaryツアーより多い。

 

記念品がもらえる

スピッツのグッズはかわいいデザインのものが多いですが、今回のもよかったです。大事にします。

 

ツアーグッズのセンスがいい

ライブあるあるですが、ツアーTシャツなど、会場以外ではとても着られないデザインも少なくないなか、スピッツのは普段使い問題なし。そこはさすが美大出身のバンド。

 

やってほしい曲をアンケート

申し込み時に演奏してほしい曲を、全楽曲の中から3つ選びます。

また、これまでやったカバー曲の中から1つ選びます。

それを会場毎に集計して、上位3位の曲を必ずやってくれます。カバー曲は1位の曲をやります。

各会場全部バラバラなんで、その分練習やリハーサル大変のはず。。

 

新曲が聴ける

アルバムとアルバムの間くらいにツアーが組まれることが多いためか、次のアルバムに入るであろう新曲がお披露目されます。

今回初披露の曲、カッコよかった。。次のアルバムが否が応にも待ち遠しくなります。

 

セトリが渋い

ファンクラブ会員向けライブなので、ヒット曲はほとんど入っていない、アンケート結果をベースにしたアルバム曲の隠れた人気曲でセトリが構成されます。

普通のライブ同様、20曲以上、約2時間やります。

 

写真OK時間がある

ライブの最後の方に、ネットなどのアップロード禁止を条件に撮影ができます。

演奏しているところ、話をしてるところなど、好きに写真に撮ってよいので、帰ってからも思い出を振り返ったり、友人に見せたりできます。

 

プレゼント抽選会がある

ライブ終了後、サイン入りグッズなどを抽選でプレゼントしてくれます。

 

ここまでしてくれて、楽しくないはずありません。

ライブだけでも素晴らしいのに。。

お客さんもファンクラブ会員しかいないので、盛り上がり方も半端ないんですが、かといって乱暴な人も迷惑な人もいなくて、みんなで楽しもうって雰囲気が満ちていました。

 

もはや大御所とも言われる日本を代表するバンドなのに、こんな風に20年も前から変わらずファンを楽しませ、交流し続けてきたんだと思うと、いい曲を作るのも大事だけど、こういう地味かもしれない積み重ねがバンドの歴史を作っているんだなと胸が熱くなりました。

ほんといいバンドで、ファンになってよかったなーと思います。

 

やってほしい曲もけっこう聴けたしMC楽しかったし、いくことが決まってからの半年間楽しみにしてた甲斐がありました。

それに、こうやってライブを楽しめるのも、自分や家族が怪我も病気にもならず、不幸なことや災害に見舞われることもなく当日を迎えることができたためで、その奇跡と周りの人たちに感謝です。

ライブ直前の数日は緊張してたけど、気負いすぎずに丁寧に毎日を過ごして、またライブに行けるよう頑張りたいと思います。

風疹が流行しています!

国立感染症研究所が、風疹の患者が昨年の5倍超の496人に上ると発表しました。それを受けて日本産婦人科医会は、妊娠初期の妊婦さんの外出を控えるなどの自己防衛まで訴えています。

 

風疹は子供の頃にかかったことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、発疹が出る他は風邪に症状が似ています。

命に別状がある場合はほぼありませんが、妊娠20週までに妊婦さんが感染すると、胎児に障害が残る可能性があります。

日本産婦人科医会はこれまで予防接種を推奨してきましたが、予防接種の効果が発揮されるまで3週間かかるので、自己防衛も同時にやってほしいということです。

障害は聴力や心臓疾患に出やすいです。

障害が悪いことであるとは思いませんが、防げるものは防いだ方がいいですよね。

そうなってしまった後に、後悔と自責の念にとらわれてしまうのは辛いことです。

大人にとっては身近でもなく、重篤な病気ではないかもしれませんが、不妊治療に取り組もうかと考えてる方はぜひまず風疹の予防接種を済ませていただければと思います。

妊娠する女性だけでなく、ご主人も予防接種をうけていただきたいです、もし感染したとして、誰かに移してしまうかもしれません。

30代~50代の方で、小学生の頃予防接種を受けてない年代があるそうです。

どうか他人事と考えず、ご検討ください。